みんなのクレジット

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングとはお金を借りたい人とお金を投資する人を繋げるサービスで、主にインターネットを通じて行われます。お金を借りたい人、つまりこれから事業を始めたい、けれど資金がないという人のことで、クラウドファンディングのように融資を募ることになります。逆にお金を投資する人とは、お金があっても事業をするつもりがない人のことで、いわゆる投資家と呼ばれるものにあたります。
起業をするなど、通常は自分で出資金を出したり、銀行などから融資を受けるのが一般的ですが、近年では審査が厳しいこともあり融資を受けるのが難しいものです。しかし、投資家からお金を借りるのであれば審査などは必要なく、金利といった部分を気にすることもないなどメリットもあります。当然ながら賃借サービスとして行われているため、お金を借りただけで終了するわけではありません。
投資によって資金が集まり、予定されていた事業が始まると、そこから得る利益を投資家に還元する必要があります。その際の利回りは案件によって異なりますが、事業の利益から賄われ平均としては5〜8%です。ただし、高利回りの案件では、15%などの数字が出ることもあります。高利回りになる理由は銀行などを介した融資ではなく、借り手と投資家、そしてソーシャルレンディング会社と動く人員が非常に少ないことにあります。
銀行では融資によって長期的な管理が必要であったり、行員が様々な手続きをするため経費が嵩みます。
ソーシャルレンディングではそういった面倒な手続きをせず、両者でメリットのある仕組みが構築されているために利回りが大きくなるのです。還元する期間もそれぞれ違いがあり1年や3年と、投資するものによって実に様々なものがあります。
金額にしても大きなものは数十万単位以上、口数によって大金が動くこともありますが、小口の投資では1万円からでも利用できるため、副業としてお小遣いを使って投資する人も少なくありません。